家の最寄り駅の周辺の再開発工事が、ゆっくりゆっくりと進んでいます。

毎日の通勤で使う駅なので、少しずつ工事が行われているのは認識していましたが、最初の工事が始まってからかれこれ3年以上が経ちます。

サグラダファミリアのように「いつまで経っても終わらないんじゃないかな」と思っていたのですが、最近になって、ようやく道路の舗装が始まりました。

道路の舗装というのは、いろいろな建物を作ったり、水道管やガス管の埋設を終えた後に行われます。

つまり、舗装をし始めたというのは、そろそろ完成が見えてきているのだと思っています。

でも、その道路の舗装工事を見ていてちょっと気になるところもあったりします。

車道と歩道には10cmくらいの段差があったり、歩道の幅が狭い箇所があったりと、少し不可思議に映る点があるんですよね。

というのも、駅という多くの人が使う場所ということを考えれば、当然通路を広くしたり、バリアフリーにするべきだと思うのです。お金借りる 即日