健康診断の血液検査で血を抜かれたとき、あまりのどす黒さにびっくりしたことはありませんか。

あれは、静脈から血を採るからです。動脈の血はもっと鮮やかな赤い色をしています。でも、

どうして静脈と動脈で色が違うのでしょう。血の色は赤血球の色です。赤血球の中に含まれていて

体中に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンが赤い色をしているために血は赤く見えるのですが、

このヘモグロビンは、酸素をくっつけているときと酸素をはなしたときでは色が違います。

酸素とくっついたときには、鮮やかな赤い色になり、酸素を放したときには赤紫色になります。

だから、体中に酸素を酸素を運ぶ働きをしている動脈の血は綺麗な赤い色になり、静脈の血は

黒っぽい色になるのです。話はそれますが、ヘモグロビンがくっついくのは酸素だけではありません。

一酸化炭素は酸素の300倍もヘモグロビンにくっつきやすく、くっついたらなかなか放しません。一酸化炭素が

含まれている空気を吸うと、ヘモグロビンは酸素よりも一酸化炭素とくっついてしまい体は酸素不足に陥ります。

これが一酸化炭素中毒である。アイトレーニング